1. TOP
  2. セミナー講師をやるべき理由と稼ぐセミナー講師になる方法

セミナー講師をやるべき理由と稼ぐセミナー講師になる方法

 2018/10/15 未分類
この記事は約 13 分で読めます。

こんにちは、ニュースパイラルの髙野です。

 

 

今回は「セミナー講師をやるべき理由と稼ぐセミナー講師になる方法」というテーマにブログを書きました!

 

今や多くの方が本業とは別にセミナー業をしています。昔よりもより簡単にセミナー講師になれるようになったというのもありますが、セミナー講師をやる理由はそれだけではないんですよね。今回このブログでは、そんなセミナー講師になるべき理由と稼ぐセミナー講師になる方法をまとめましたよ。

 

今からまだセミナー業をしていない人、もうセミナー講師としてやっているけれど、あまりうまくいっていない方は参考にしてみてくださいね。

 

セミナー講師になるべき理由

今や多くの人がセミナー講師をしていますよね。あなたの周りにも身近にいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな、今やだれでもセミナー講師になる時代ですが、どうして、セミナー講師になるべきなのかというと、一番には、専門家として見られるということです。

自分が何か悩みを抱えた時に、セミナーをやっている人と、そうでない人、あなたならどっちを頼りたいですか?

多くの人がセミナー講師をやっている方を選ぶと思います。

それはなぜかというと、人前に立って、セミナーを開催しているということだけで、なんだかすごそうに感じるからなんです(笑)

もし、そのセミナーをやっている人とやっていない人が同じことを話していたとしても、セミナーをやっているとやっていないでは、専門性が全く違って見られるのです。

セミナーをやっているという事実が、それだけで、ブランドになるんですね。これがセミナー講師のすごいところなんですよね。

そして、その専門家になるということは、商品が売れるということにもつながるんですよね。

有名な人が宣伝する商品と、全く無名な人が宣伝する商品を比べた場合、

やっぱり、選ばれるのって、有名な人が宣伝する商品です。

やっぱり、専門性があるということは、それほど有利なことであるといえるのです。

さらに、セミナー講師は専門性で、勝負しているので、商品が「高くても仕方ない」と思ってもらえるのです。ということは、高額でも売れてしまうということなんですよね。

 

なので、相手がそこに価値を見出してくれて、商品を売ることが出来るのです。

なので、人に何かを教えたりする、専門性が必要な業種には、持って来いのツールなんです。

なので、そういう方こそセミナー講師をしない手はないですよ!

 

稼げないセミナー講師と稼げるセミナー講師の違い

関雄ほどは、セミナー講師になるべき理由についてお話ししました。
では続いては稼ぐセミナー講師と稼げないセミナー講師の違いをお伝えします。
簡単にセミナー業に手を出せるようになった今、多くの人がセミナー講師をして稼いでいます。
先ほどお話ししたように、多くの人がセミナーを開催し、セミナー講師になっているんですよね。簡単になれる一方で、稼げないセミナー講師がたくさん存在するのも、事実です。
ここではそんな稼げないセミナー講師と稼げるセミナー講師の違いをお話しします。
まず、稼げないセミナー講師は、例えばですが、「広告のセミナー講師」という風に自分を売っていることが多いです。
え?何がいけないと思った方。
先ほどお話ししたように、選ばれるには、「専門性」が非常に重要になってくるんですよね。それなのに、ただ広告のセミナー講師と言うと、専門性に欠けてしまうんです。
なので、肩書に専門性を持たせるためには「塾の広告のセミナー講師」といったように限定してしまう。
稼げているセミナー講師ほど、より自分の専門性を強調していますよ。
あなたがセミナー講師をするときには、できるだけ何かに特化したセミナー講師になる方が専門家に見られ、成功しますよ。

セミナー講師未経験の人が意識すべき教え方

 

ここまで、セミナー講師には専門性ガ大切だとお話ししてきましたが、専門性なんて聞くと、なんだかすごそうで、自分になんかできるのかと不安に思う方もいらっしゃると思います。

 

セミナー講師になるということは、専門性のあるなんだかすごいことを教えないといけないと思ったり、人前でかっこよく振る舞わないといけないと思っている方は非常に多いと思います。

しかし、実はセミナー講師はそういったことは全く必要ないんです。

 

セミナー講師が意識するべきことは、本当に何度も言っていますが、「専門性を教えること」です。

 

専門性を伝えて、相手がその専門性に触れて行動を起こすことができれば、セミナー講師としては成功していると言えるんですよね。しかし、またこれを聞いて思うことが、「専門性はどの様にして伝えればよいのか?それが難しいんじゃないのか?」ということですよね。

 

 

しかし、あなたがもし、教えることをビジネスとしてやっているのなら、簡単です。

普段、あなたがあなたの顧客に話している内容をそのまま話せばいいのです。

 

あなたにもし、お客さんがいたら、

その相手の悩みをヒアリングして、悩みを解決する策というのを話すことができますよね。

それと同じ様に、セミナーでも、相手の悩みをヒアリングし、その悩みを解決する方法を提示し、それを選んでもらうという普段あなたがしていることと同じことを少し形を変えて伝えればいいのです。

 

本当に大切なこと、意識しておくべきことは、すごいことを言う、かっこよく振る舞う、、、そんなことではなく、専門性を伝えて、行動を起こさせること。

ただそれだけなんです。

稼ぐセミナー講師になるためには

ここまで、セミナー講師について、いろいろとお話ししてきましたが、せっかくセミナー講師になるなら稼ぐセミナー講師になるために必要なことは、結論から言うと「実績」です。

 

でも、これを読んでくださっている人は、セミナー講師を今から始める人だったり、セミナー講師としてやってみてはいるけど、困っているんじゃないかと思うかもしれません。

なので、ここではその実績をどのように作ればよいのかについてお話ししたいと思います。

実績なんてそんなすごいもの、、、と思うかもしれませんが、実はbにっく簡単なんです。

どのようにして、実績を作るのかというと、「お客様の声を集める」です。

ここって意外と盲点なんですよね。

せっかく教えてもらって、感謝されているのに、その声を記録として、形として残さないというのは、非常にもったいないことです。

せっかくセミナー講師として教えていくのでしたら、お客さまの声をいただいてほしいです。

 

動画での記録であれば最高です。もしくはアンケート。

そして、そのアンケートをとる際の注意点なのですが、

必ず本名フルネーム、できれば、顔写真も使わせてもらえる許可を取ってください。

これはなぜかというと、お客様の声をネット上で見て、これほんとかな?と疑った経験はないですか?

例えば「仮名:Nさん東京都」となっていて、顔写真は何もない。そして、ありがちな感想を書いている。

 

こんなものを見たら、これ適当に作ったんじゃないのかな?と疑ってしまいませんか?

 

(私は絶対嘘だろう!と思ってしまうタイプです笑)

 

 

どうして、お客様の声を掲載するのかというと、 信頼してしまうため。

その信頼してもらうための材料が、疑われるものであってはいけないんですよね(笑)

 

その疑いを一番払拭できるのが、動画での感想なんです。

二つ目は、アンケート。できれば手書きのアンケートの写真をそのまま使うのがいいですね。

お客さまは自分から言わないだけで、頼めばやってくれるお客さんっていうのは、いっぱいいます。

 

なので、自分がセミナー講師になって教える立場になったら、お客様の声というのを集めてみてください。

そうは言ってもやっぱり難しいな、、、と思う方は、自分が普段教えていることを無料で教えてください。

なんで、そんなことをするのかというと、無料で、教える代わりに、お客様の声となる感想を必ずくださいというお願いをしやすくなるからです。

最後に正直な感想を、動画で声をいただけるということを条件に、無料で、セミナーに参加してもらう。

 

こうすることで、簡単にお客様の声をもらうことが出来ますよ。

そうやって自然に集めた、声は、実績になります。確かに、目先の利益、登壇料や設営にかかる費用の回収はできませんが、将来的に実績としてのお客様の声があったほうが稼げるセミナー講師になれます。

逆にあなたが、セミナー講師に登壇を依頼する立場だった時に、ホームページなどに何も持っていないよりは、お客様の声が載っている人の方が安心ですし、そちらに依頼したいですよね。

 

あなたも稼いでいるセミナー講師の、ホームページを見てみてください。必ず「お客様の声」が掲載されていますよ。

 

なので、稼ぐセミナー講師になるためには、まず、実績となる「お客様の声」を集めることを意識してみてください。

 

セミナー講師の始め方

 

ここまで読んでくださった方はかなりセミナー講師になることに、ご興味があるのではないでしょうか?

 

しかし、まず自分は何をやっていくのかという専門性を決めた段階、でも、そこから何をしたら良いのか、自分が持っている専門性をどの様に伝えたらいいのか、自分のお客さんとなる人が、どんな悩みを抱えているのかということがわからないと思います。

なので、まず初めにセミナー講師になろうと思う人がやるべきことは、グループコンサルティングなんです。

グループコンサルティングと言っても、そんな大人数ではなく、2人とか3人とかの少人数での開催で大丈夫です。

 

自分を含めて、3人や4人という規模でお話すると、たとえ、自分が、うまく話をつないだりすることができなかったとしても、参加者同士で、「その悩みあるよね~」「どうしたらいいんだろう」と言って、お互いに教え合うということもありますよね。

自分だけが教えるなどというそんなしっかりしていなくて大丈夫なんです。セミナー初心者だから、全然そんな感じでも構いません。

 

しかし、もしここで、最初に1対1の個別コンサルを開催したとします。それで、うまく答えられなかったり、うまく悩みを引き出せなかったりしたらあまり経験値にもならないです。

 

そういう音があるので、初めから1対1に挑戦するのは避けたほうがいいです。

初めは2.3人ほど集めて、グループコンサルをするほうが、たとえ、自分がうまく話せなかったとしても、コンサル生同士が、人の悩みを聞くからこそ、その意見に刺激されて、新しい意見が生まれるということもあるんです。言ってしまえばちょっと助けてもらうと思っていいでしょう(笑)

 

なので、まずは、グループコンサルを始めてもらって、そこで、自分がターゲットとする人たちっていうのは、こういった悩みを抱えていて、こんなパターンもあるんだなと勉強してください。

1対1というのは、一見、いろいろ聞き出しやすい気もしますが、実力がないと難しいです。

 

 

稼ぐセミナー講師がやっている集客方法

セミナー講師として、稼ぐには、それだけ多くの人に来てもらって、バックエンドも売れるという状況が作れないといけません。

しかし、集客ができないと、商品は売れないですし、自分のノウハウを伝える相手もいないですから当然稼ぐことが出来ませんよね。

 

稼ぐ=集客なんです。

 

しかし、その集客というのが、一番多くの人がつまずくポイントなんです。

 

では、実際稼げているセミナー講師はどのようにして集客をしているのかをお話しします。

 

メルマガ、LINE@、Facebook広告などという、方法がありますが、まずすべきなのは、そこではないんですよね。

 

結局はそのような集客方法をやっていくことになるのですが、一番初めにやるべきことは、「個別で連絡する」ということ。

セミナーの集客ページや、告知用の文章をたった一人の対象に向けて書いてみる。

 

そして、そのセミナーに来てほしい人に個別で送ってみる。そこで、来てくれるか来てくれないかを尋ねます。来てくれるなら、それでいいのですが、来てくれないとなった場合、どうして来てくれないのかを聞いてください。

募集ページや告知文章にこんな風に書いたら、この人だったら来てくれるだろうと作ったものが、響かなかったんですよね。

そこで、なんで来てくれないのか、何がいけなかったのかということを質問してみればいいのです。

個別で連絡できるくらいだから、ある程度親しい仲だと思います。

どう書いたら来てくれた?と聞いて、「これだったら行く」と言われるまで、修正してみてください。

 

このたったひとりですが「人が来る」という状態が大切なんですよね。この段階に来て初めて、メルマガや、LINE@、Facebook広告に出してセミナー講師は人を集めることが出来ます。しかし、多くの人が間違えて、最初にメルマガやLINE@やってしまうんですよね。

 

そんな物をいっぱい使っても、集まらないな、となったときにもっともっと告知をしようとどんどん集客地獄に陥っていくんです。

 

募集ページや告知文章を見てもらった個別で連絡できるレベルという人は自分の魅力をわかってくれていますよね。その人が響かないと言っている文章を、メルマガや、広告に出稿したりなんかすると、ダメなものをそのままお金と時間をかけて広めているという状況に陥るんです。

ダメなものを広めるために労力を使うなんて避けたいですよね。個人に募集ページ、告知文章を見てもらうことで、テストマーケティングを行っているんです。

 

テストマーケティングというのは、市場に打ち出した時に、これで本当に成功するかどうか、ということを小さな規模で、試すことです。

その小さいところでやる分には、あまり労力はかかりませんし、失敗したとしても打撃がそんなにないのです。しかし、その小さなところで、上手くいくものが出来たら、その規模を拡大してみるというやり方が失敗のリスクが少なくで済みます。

セミナーの集客でも、そのテストマーケティングを利用し、最低限のリスクで、確実に多くの人に届くものを作成してから、市場を大きくするという順序を守れば、集客で苦戦することはなくなるでしょう。

 

まとめ

 

はい、今回は、「セミナー講師をやるべき理由と稼ぐセミナー講師になる方法というテーマでお届けしましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したポイントについて抑えていたら、セミナー講師で成功していけると思います!

 

今回ご紹介したセミナー講師業をもっと加速させるWEBセミナーに関するプロジェクトが弊社で始まっていますよ!

普通のセミナー講師だとその日その場所に行ってセミナーを開講し、そこで、クロージングし、商品を売りますが、それだと、自分が動かなければ売上をあげることってできないんですよね。

 

しかし、WEBセミナーと言うモノをすることによって、あなた自身が働いていない時間も売上をあげることが可能になってくるのです。

あなたが働いていない間も売上をあげるWEBセミナーと言う方法に興味があれば、ぜひ覗いてみてください!

【働いていない時間も売上をあげる】

※登録無料です

\ SNSでシェアしよう! /

裏クラッシュ・コーチング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏クラッシュ・コーチング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 社会人におすすめ!効率を最大にする最強の勉強法とは?

  • 人脈形成の方法と4つのメリットとは?

  • 仕事を効率化する仮説思考とは?

  • メンタルを強くする方法とは?批判・自分に負けない!

関連記事

  • お金と時間を無駄にしない人間関係の作り方とは

  • コラボセミナーの集客方法

  • いよいよコラボセミナー開催!

  • 時間管理を効率よく行うために意識するべきこと

  • 間違った目標設定

  • 大事に悩めば、些事は忘れる