1. TOP
  2. 結果を出させる指導者になる方法

結果を出させる指導者になる方法

 2018/11/30 未分類
この記事は約 6 分で読めます。

    皆さんは「指導者」と聞いて何が思い浮かびますか?

     

    私はバドミントン部に入っていたのですが、お世話になったコーチを思い出しました。

     

    コーチは多くの生徒を見て、指導していてとても大変そうでしたが、それなりにチームとしては成績を残していました。

     

    自分がもし指導者になる事があったら誰しもが、「良い結果を残したい」「成長させたい」と思いますよね。

     

    今回は、そんな方のために、結果を出させる指導者になる方法をご紹介します。

     

    指導者の役割

    指導者の役割とは一体何でしょうか。

     

    もちろん技術の向上を図ったり、アドバイスをすることは大前提ですが、それだけではないんです。

    指導者のジャンルによっても様々ですが、職場、チーム、クラスなど。

    「良い環境」を作っていく事が大切なのです。

     

    チームで一丸となって同じ方向を向いていけるようにしていかなくてはなりません。

    1人でも違う方向を向いていれば、空気が変わります。

     

    例えば、中学校の合唱の時間、1人でもやる気がない生徒がいたら空気が乱れていませんでしたか?

    やる気があった子もなくなってしまいます。

     

    同じ方向を向けるようにし、それに向かって頑張れる良い環境を作っていかなくてはなりません。

     

    結果が出せる指導者

    指導者になった時「結果」を出したいと思った時、どうしたら結果が出せる指導者になれるのでしょうか。

     

    結果を出している指導者は、知識を仕入れて自分も変えて、相手も変えようとする人です。

     

    ただただ相手に指導するだけではなく、自分も勉強をするのです。

     

    例えば、サッカーのコーチが

    指導者講習会に参加したり、映像や本を読んで知識を吸収する。

    そしてそれを教える。

     

    といった感じです。

     

    自分の事を棚に上げず、学び続け、自分も相手も成長させることができる人は、結果を残せる指導者になる事ができるのです。

     

    結果が出せない指導者

    逆に結果が出せない指導者とは、結果の出せる指導者とは正反対で、学ぼうとせず相手だけを変えようとしている人です。

     

    自分の知識は停滞したままで、新しい学びを取り入れず、自分のやり方を貫く。

    これでは、日々時代は進んでいるのに、いつまでたっても時代に追いつく事ができません。

    おかげで、取り残されてしまいますよね。

     

    これは指導者だけではなく、ビジネスにも同じことが言えます。

    日々進化しているのに同じビジネスばかりしていては、いずれ時代遅れになってしまう。

    それでは順調だとは言えませんよね。

    時代に合わせて変化していかなければならないのです。

     

    結果が出せない指導者は「自分のやり方」を過信しすぎています。

    新しい学びを取り入れないが故に、時代に取り残され、結果が残せないのです。

     

    4タイプの指導者

    結果が出る指導者と出ない指導者をお話ししましたが、指導者には4つのタイプがあります。

     

    賢明タイプ

     

    賢明タイプは常に厳しい要求をします。

    しかし、メンタル面をサポートするなど支援を惜しみません。

     

    とても厳しいけれど、親身になって話を聞いてくれる。

    どこか嫌いになれない。そう感じるタイプです。

     

    このタイプは結構皆さん関わってきたことが多いのではないでしょうか。

     

    独裁タイプ

     

    相手の事を考えずに厳しく指導します。

    先程の賢明タイプとは違いアフターケアをしません。

     

    厳しい指導で、技術はある程度上がりますが、「やらされている」と感じてしまいます。

    やらされていると感じてしまうと、向上心が無くなってしまいます。

     

    独裁的な指導を受け付けられる人もいますが、受け付けない人もいます。

    全員にはわかってもらえないかもしれません。

     

    寛容タイプ

     

    厳しく指導することはなく、自主性を求めています。

    自主性を求めているので、直接指図することはなく、困っていると手を差し伸べてくれたり、相談するとアドバイスをくれます。

    支援は惜しみなくやってくれます。

     

    強制的にさせる賢明タイプ、独裁タイプと違い、自主的にするため、自発的に行動してくれる事が多いです。

     

    関係は良好に築けるかもしれませんが、指導するという面では欠けています。

    技術の飛躍的向上は望めません。

     

    怠慢タイプ

     

    要求することもなく、寄り添う事もなく何もしていないタイプの人です。

    一番いけないタイプと言えます。

    これでは役職の名前だけの人となってしまいます。

     

    技術も向上せず、関係性も上手くいかないとなると最悪ですよね。

     

    はっきり言って指導者に向いていません。

     

    まとめ

    今回は、結果を出させる指導者になる方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

     

    結果を出せる指導者になるためには、ただただ厳しく鍛え、技術の向上を目指すだけではダメなのです。

     

    常に新しい情報を仕入れ、学び、伝えていく事で結果を残すことができるのです。

    やはり、何事も学びが大切です。

     

    そして、全員が同じ方向を向ける良い環境作りが大切だと言えます

     

    指導者が「結果を出したい」と思う事は当たり前ですし、任務でもあります。

    間違った指導法では、もちろん結果が残せません。

     

    指導者になったからには結果の出る方法を知り、結果を残していきましょう。

     

    今回は指導者を取り上げましたが、弊社のコンテンツに「一流の経営者」についての動画がありますので、経営者の方は是非そちらも合わせてご覧ください。

    \ SNSでシェアしよう! /

    裏クラッシュ・コーチング公式ブログの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    裏クラッシュ・コーチング公式ブログの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア

    ライター紹介 ライター一覧

    newspiral

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 社会人におすすめ!効率を最大にする最強の勉強法とは?

      • 人脈形成の方法と4つのメリットとは?

      • 仕事を効率化する仮説思考とは?

      • メンタルを強くする方法とは?批判・自分に負けない!

      関連記事

      • 仕事を効率化する仮説思考とは?

      • 社会人におすすめ!効率を最大にする最強の勉強法とは?

      • 目標達成に必要なもの

      • 正しい目標設定の方法

      • どんな人が目標を達成できるのか?

      • 忙しいあなたでもできる!読書を習慣にする方法とは?