1. TOP
  2. 【文章術】 人が動くのはこんな時

【文章術】 人が動くのはこんな時

 2019/09/22 文章術
この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、ニュースパイラルの髙野です。

 

突然ですが、あなたは自分の文章で人を動かす自信がありますか?

 

ビジネスは文章で溢れていますが、あなたのその文章は、人の心を動かし、その文章を読んでくれた人に自分の望む行動をさせられていますか?

例えば、メールアドレスの登録、LINE@の友達追加、セミナーの参加、商品の購入。

 

とってほしい行動の前には、必ず文章があります。そして、そこで何を言うかによって、成約率が大きく変わってきます。

 

今回は、ビジネスで、ブログ、メルマガ、電子書籍など、あらゆるものの文章を書いている方に読んでいただきたい、文章で人の心を動かす簡単なテクニックをご紹介します。

【文章術】 人が動くのはこんな時

綺麗ごとを言っても、ビジネスはお金をもらわないことには成り立ちませんので、いきなりですが、お金に直結する話をします。

初めに一番最近あなたがネットで購入したものを思いだしてください。

 

何を購入しましたか?

 

人が商品を購入するときの動機は二つ。

 

・快楽を得たい

・不快を避ける

 

上記の二つです。

 

例を出すと、

 

 

・音質のいいスピーカーに買い替えた=より良い音質で音楽を聴けるという快適な状況をGET

・靴ズレに困っていて、新しい靴を購入した=足の皮がめくれていたいという不快な状況を回避したい

 

 

上記の例でイメージは湧きますでしょうか。あなたの買い物も傾向もこの二つにあてはまるはずです。

 

ですので、言い換えれば、商品・サービスを売る際には、上記2つのポイントどちらかを抑えることを意識するだけで、成約率が格段にアップします。

 

人がより行動するとき

快楽を得たい、不快を避けたいという感情が商品の購入を促進させるというお話をしましたが、人は、不快を避けたいという感情の方が強く、この二つのパターンを使うなら、不快を避ける提案ができたほうがより一層成約率が高いです。

なので、商品・サービスについて、書くときにこの商品を使うとこんなことができて、あなたの生活はより豊かに!という、紹介の仕方もありますが、こうなることを避けられますという提案の方が消費者にとっては魅力的に見えるケースの方が多いということです。

やってはいけないこと

ここまで書いて、わかったと思うのですが、人を動かすために文章で意識しなければいけないことは、「その商品/サービスを購入したお客さんの未来がどうなるか?」という部分をしっかりと提示している必要があるんです。

 

となるとやってはいけないことは、ただただ商品・サービスの特徴を列挙するということ。

うちの商品は、どこどこで取れる天然〇〇をふんだんに使用していて、またそのデザインもスタイリッシュに△△加工です。というような説明はあんまりよろしくないですね。

 

お客さんの未来を提示できていなくて、お客さんを置いてぼりな、独りよがりな文章になっています。

 

合わせ技も使えます

やってはいけないことをご紹介しましたが、より効果を高める文章術もこちらでご紹介します。

 

それは、ズバリ、”快楽を得たい”と”不快を避ける”の両方の文章を一気に書いてしまうということです。

 

あなたはこの商品の購入することで、こんなことが可能になり、それと同時にこんな事態を避けることができますということを2つ同時に伝えることができれば、効果は2倍です。

 

お金を使うときは、なにに使うにしても、今の状況をよりよくするために、使いますよね。ですから、より良い暮らしになる、煩わしいことが排除できうとなれば、購買意欲は高まります。1個ずつ利用しても効果はありますが、快楽を得ることと、不快を排除することは表裏一体だったりするので、できれば両方書いてみて下さいね。不快を排除する方が人は惹かれやすいを言いましたが、その手法ばかりを繰り返していると、煽ってばっかりのブログやメルマガになってしまい、印象が少し、心配なので、そうなってしまうことの防止としても、合わせ技使う方がいいでしょう。

 

文章だけでなく・・・?

今回、ご紹介した文章術ですが、こちらは文章だけでなく、セールストークでも使えますね。対面のクロージングなどであれば、お客さんの実際の状況を聞きながら、実際の表情を見ながらお話ができるので、文章だけで成約を決めるよりも難易度は低くなると思います。

 

あなたが何を生業としていても、文章を避けることはできません。ブログ、メルマガ、電子書籍だと直接的でわかりやすいですが、

 

普段何気なく見ている、アプリのキャンペーン紹介にも、電車の吊り広告にも、飲食店の中の新メニューのポスターにも、あらゆるところに文章だらけです。そういった文章を、快楽を得る文言、不快を避ける文言のどっちだ?と考えながら見てみたりすると、結構使われていて面白いですよ。どっちにも当てはまらない文章は、その文章に自分は惹かれるかどうか、一度考えてみて下さい。とてつもなく惹かれるものがあれば、私にも教えてください(笑)

 

さて、今回はここまで。今回の記事でお伝えしたことで、あなたの文章が一気に反応のとれる文章に生まれ変わることを祈っています。

\ SNSでシェアしよう! /

裏クラッシュ・コーチング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏クラッシュ・コーチング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • 社会人におすすめ!効率を最大にする最強の勉強法とは?

  • 人脈形成の方法と4つのメリットとは?

  • 仕事を効率化する仮説思考とは?

  • メンタルを強くする方法とは?批判・自分に負けない!

関連記事

  • 2018年11月のセミナー情報

  • 時間の無駄を減らす方法

  • 「時間がない」と声に出すことに 時間を使っているあなたへ

  • 娘もびっくり 母の涙 驚きのその理由とは

  • 正しい目標設定の方法

  • やりたいことが見つからないときにするべきこと